言葉と食事の専門職|セラピストの資格で疲れた人々の心に光を!

セラピストの資格で疲れた人々の心に光を!

ウーマン
このエントリーをはてなブックマークに追加

言葉と食事の専門職

勉強

養成施設で学ぶ内容

言語聴覚士とは言葉や食べることに何らかの障害がある人をサポートする専門職であり、医療機関や福祉分野、教育機関など様々な場所で活躍しています。言語聴覚士になるためには専門の学校を卒業し、国家試験に合格する必要があります。学校では「基礎分野」「専門基礎分野」「専門分野」を学びます。基礎分野は一般教養科目であり、幅広い知識や視点を得るために必要な分野です。「専門基礎分野」は基礎医学や臨床歯科医学・口腔外科学、心理学、言語学などを学びます。言語に関係ない分野もありますが、全てにおいて言語聴覚士に必要と言えます。例えば基礎医学は身体を理解する上での基本となり、心理学は障害のある人に対する知識を得るために必要であるからです。「専門分野」は聴覚障害学や失語症・高次脳機能障害学、発生・発語・嚥下障害学など言語聴覚障害についてより深く学ぶ分野となっています。

卒業までの年数と合格率

言語聴覚士の資格を得るための注意点は2つあり、1つ目は学校です。言語聴覚士になるための学校は専門学校、専門の短大、大学があり、どの学校を選んでも高校を卒業してから3年以上を要します。早く現場に出たいのであれば3年制の専門学校か短大、一般知識を含めじっくり学びたいのであれば4年制の大学がおすすめです。また、一般の大学を卒業している場合は2年制の養成施設を卒業すれば良く、社会人として言語聴覚士を目指す人は頭に入れておく必要があります。2つ目は合格率です。言語聴覚士の合格率は年度によって60%を下回ることもあります。ただし、新卒者の合格率は80%を超えているため、授業内容の修得と学校で行われる試験対策を抑えておけば合格する確率は高くなります。言語聴覚士の資格を得るためには自分に合った学校を選び、在学中にしっかりと勉強することが大切と言えるでしょう。